油圧機器 (油圧モータ式)

エアオイルクーラLHC/LHC2シリーズ

    LHC-M 及び LHC-X
    LHCエアオイルクーラには2つの特殊仕様があります。LHC-X(Atex バージョン)は地上での爆発性雰囲気の状況化で使用可能です。またLHC-Mは腐食環境にさらされる、マリーンなどのマーケットで最適となっています。
  • 適正な材料と部品でより長寿命、高可用性、メンテナンス費用の軽減を実現しています。
  • メンテナンスが簡単。多くのアプリケーションへの改造も容易。
  • コンパクトデザインで軽量。
  • 静音性が高いファンモータ。
  • 油圧モータ押しのけ容積 8.4cm3/r から 25.2 cm3/r。
  • 圧力低下が低く、高いクーラ能力のクーラマトリックス。
  • カラーベアリングが大形のモデルでは採用されており、高寿命。

形式表記方法

外形図

技術仕様

作動油
鉱物油系 HL/HLP DIN 51524の規定による
乳化系 HFA, HFB CETOP RP 77の規定による
水ーグライコール系 HFC CETOP RP 77の規定による

リン酸エステル系

HFD-R CETOP RP 77の規定による
材質
ファンブレード/ハブ グラスファイバ/ハブ 補強材:ポリプロピレン/アルミ
ファンハウジング スチール
ファンガード スチール
その他パーツ スチール
表面処理 静電粉体塗装
クーラマトリックス
最大静的作動圧力 21 bar
動的作動圧力 14 bar*
熱伝導限界 ± 6 %
最大流入作動油温度 120℃

* ISO/DIS 10771-1のテスト基準による

冷却能力グラフ
冷却能力グラフは、EN1048の規定のもとテストを行い、作動油はISOVG46を使用。油温は60℃にてテスト
下記の環境の場合、弊社へお問い合わせください
油温 >120℃
油粘度 >100cSt
周囲に粉塵が多くあるとき標高が高い場所での使用

その他

※その他の仕様・タイプについては、カタログでご確認ください。

商品に関するお問い合わせ

お気軽にご相談ください

TAIYOコンタクトセンター

0120-889-492

営業時間:平日9:00~17:00